スティーヴン・キング

スティーヴン・キングはアメリカのモダンホラー小説家です。その多くの作品が世界各国で翻訳され読まれていて、「キャリー」や「シャイニング」を始めとした著書の多くが映画化、ドラマ化されています。

プロフィール

1947年米国メイン州のポートランドで、スコットランド人とアイルランド人の祖先を持つ父ドナルドと母ネリー・ルース・ピルズベリーの間の第二子として生まれました。キング二歳の時、父ドナルドは煙草を買いに行くと言って家を出たまま消息不明になってしまいます。その後キングの母は祖父母の面倒を見ながら朝から深夜まで働いて二人の兄弟を育てました。幼少期は身体が弱く、小学校の最初の一年を病気のために休学し、家で大量のコミックブックを読んで過ごしたそうです。1966年に高校を卒業後、母の勧めに従い教員免許を得るためオロノにあるメイン大学に入学します。20歳のときに投稿した小説「鏡の床」が「スタートリング・ミステリー・ストーリーズ」誌に掲載されました。大学2年からは学内の新聞「ザ・メイン・キャンパス」のコラムを毎週書くようになります。また、後に妻となるタビサ・スプールスと大学図書館でのアルバイト中に知り合い、大学卒業の翌年1971年の1月に結婚しました。卒業後は教師の口が見つからずに、クリーニング屋で働いていました。仕事の合間を縫って短編を書き、男性雑誌に売ることで妻と幼い子供二人を養っていました。その後、公立高校に就職して英語を教えますが、仕事が忙しく小説を書く暇が無くなってしまいます。経済的にも苦しく、学校の休暇中はクリーニング屋でアルバイトをしていました。そんな中、1973年の春に、米国大手出版会社のダブルデイ社が小説「キャリー」の出版を引き受けました。ハードカヴァー版の印税は前渡しで2500ドルでした。ペーパーバック版の権利も高くは売れないだろうと考えたキングは教師を続けるつもりでいましたが、5月13日にダブルデイの担当編集から電話があり、ペーパーバック版の権利がシグネット・ブックスに40万ドルという高額で売れたことを知らされます。1974年2月母親ネリーは出版直前に癌で死去しました。「キャリー」のハードカヴァー版は、1974年の春に出版され、その後映画化されて大ヒットしました。

作品の映像化

デビュー作「キャリー」の映画版はヒットし、以降も作品が次々映画化されました。しかし興行成績がふるわないものが多く、ホラーではない「スタンド・バイ・ミー」以外は評価も興行成績も高くないという状況が10年以上続きました。ホラー作品「ミザリー」は高評価でしたが、以後映像化された作品についてはやはりホラーではない「ショーシャンクの空に」や「グリーンマイル」の評価が高かったようです。テレビドラマ化される作品も多く、「ローズ・レッド」などがヒット作として知られています。

作品同士のリンク

キングの作品は「ダーク・タワー」シリーズを中心に多くの作品がリンクしています。さらに、「ダークタワー」シリーズとは別にメイン州の架空の街・キャッスルロックやデリーなどを繋がりにリンクする作品も多く、細かいリンクを辿るとほぼ全ての作品が繋がっていることになります。また、「デギュレイターズ」と「デスペレーション」では、全く同じ題材を全く違う視点、展開、タッチで描くという試みも行っています。

スプラッター系映画 永田東洋鍼灸整骨院で使用してます鍼は信頼の日本製にこだわっています。http://nagakotu-toyo-shinkyu.com/日本の鍼は技術力が他国と比べて高く、痛みも少なく信頼されています。

主な作品

  • 1974年「キャリー」
  • 1975年「呪われた町」
  • 1977年「シャイニング」
  • 1978年「ザ・スタンド」
  • 1979年「デッドゾーン」
  • 1980年「ファイアスターター」
  • 1981年「クージョ」
  • 1982年~2004年「ダーク・タワー」
  • 1983年「クリスティーン」
  • 1983年「ペットセメタリー」
  • 1984年「タリスマン」
  • 1984年「人狼の四季」
  • 1986年「IT」
  • 1987年「ドラゴンの眼」
  • 1987年「ミザリー」
  • 1987年「トミーノッカーズ」
  • 1989年「ダーク・ハーフ」
  • 1991年「ニードフル・シングス」
  • 1992年「ジェラルドのゲーム」
  • 1993年「ドロレス・クレイボーン」
  • 1994年「不眠症」
  • 1995年「ローズ・マダー」
  • 1996年「グリーンマイル」
  • 1996年「デスペレーション」
  • 1998年「骨の袋」
  • 1999年「トム・ゴードンに恋した少女」
  • 1999年「アトランティスのこころ」
  • 2000年「ライディング・ザ・ブレッド」
  • 2001年「ブラックハウス」
  • 2001年「ドリームキャッチャー」
  • 2002年「回想のビュイック8」
  • 2005年「コロラド・キッド」
  • 2006年「セル」
  • 2006年「リーシーの物語」
  • 2008年「悪霊の島」
  • 2009年「アンダー・ザ・ドーム」
  • 2011年「11/22/63」

リチャード・バックマンとして

キングは別ペンネーム「リチャード・バックマン」名義でいくつかの小説を発表しています。別ペンネームを使った理由は、キングが小説家としてのキャリアをスタートさせた当時、米国出版業界では1人の作家は1年に1冊だけ出版するという風潮があり、多作型の作家であるキングは別ペンネームを使うことで年に複数冊の小説を出版しようとしたという経緯があります。また、同じ作家が別ペンネームで書いた本がどれだけ売れるか試してみようとしたとも言われています。

リチャード・バックマンとしての作品

  • 1977年「ハイスクール・パニック」
  • 1979年「死のロングウォーク」
  • 1981年「最後の抵抗」
  • 1982年「バトルランナー」
  • 1984年「痩せゆく男」
  • 1996年「レギュレイターズ」
  • 2007年「Blaze」
ゾクゾクしながら映画を観よう!